4-3.資金貸付


母子福祉資金

20歳未満の子供がいる母子家庭を対象にした貸付制度で次のようなものがあります。

事業開始資金・事業継続資金・技能習得資金・就職支度資金・住宅資金・転宅資金・療養資金・生活資金・修学資金・就学支度資金・修業資金・結婚資金・児童扶養資金・特例児童扶養資金

利子:種類によって年利3%もしくは無利子

 

特例児童扶養資金について
2002年8月の児童扶養手当制度改正により手当が減額される家庭に対し生活への影響が考慮されて特例児童扶養資金が創設されました。
この貸付資金は従来より児童扶養手当を受給していて2002年8月以降も引き続き受給し、その額が減額された家庭を対象にして、以前の受給額からの差額を上限として2007年8月まで貸付を受けることができます。この貸付は無利子で行われ、返済は貸付終了後1年後から始まり10年以内に返済を終えることになります。

 

母子福祉資金利子補給

母子福祉資金を借りて償還している方に、その年度中に支払った利子の半分を補給する制度です。3月の期間中に申請する必要があります。

※このページはまだ評価されていません

このページを評価する